そのはじまりに寄り添う

たとえば、

雪は小さな結晶の集まりだ
大地は土と石から
樹は土に宿った一粒の種から
海や河は一滴の雨粒から始まっている

始まりとは
常にそうした小さなものなんだ

(「そのはじまりに寄り添う」より)

…………………

強くて大きなものに意識を囚われると
その「はじまり」から遠ざかってしまう

遠ざかると世の中に踊らされてしまう
頭の中が知識だらけになってしまう
考えている錯覚に陥ってしまう
深く潜る勇気を失ってしまう

「はじまり」を見失わないために
少し止まる癖をつけたいものです

関連記事

  1. どうやら人生はドラマらしい。

  2. 僕たちの過ち

  3. ボクらはむかし子どもだった

  4. ヒルズ族と農村の若者

  5. 自分の色に染まる。

  6. 樹は根によって立つ。 されど根は人の目に触れず。

  7. たかがケーキか、されどケーキか

  8. お金になるか、ならないか

最近の記事

  1. 2018.11.26

    愛が震える
  2. 2018.08.24

    旅の最終章
  3. 2018.08.24

    写真先輩論
  4. 2018.08.22

    僕らの誇り
PAGE TOP