ヒルズ族と農村の若者

【 ヒルズ族と農村の若者 】

ヒルズ族が連日マスコミを賑わかし
若者たちがそれに憧れ
夜な夜な美酒に酔いしれ狂宴をはる頃

農村の若者は泥だらけの体で
明日の天気を凝視している。

(倉本聰)

かく言う僕もそうだった。

テレビの世界にいると知らぬ間にそういう毒に犯されてしまう。
視聴率の世界に身投げしたのだから、ブームを先取りし時には作り出す側なのだから仕方なかったんだと、ほんの少し自分を擁護してみる。

今はどうだろうか。

自分に恥じない生き方をしているだろうか。
自分の地軸に沿った生き方をしているだろうか。

うん、
少しできてる

と、
また自分を擁護してみた。

関連記事

  1. 四年後の今を生きる。

  2. 少し止まる時間

  3. ブランディング

  4. Snow Crown

  5. 樹は根によって立つ。 されど根は人の目に触れず。

  6. たかがケーキか、されどケーキか

  7. BODYcopy

  8. そのはじまりに寄り添う

最近の記事

  1. 2018.08.24

    旅の最終章
  2. 2018.08.24

    写真先輩論
  3. 2018.08.22

    僕らの誇り
PAGE TOP