ブランディング

モンシロチョウ

花と花を行き交うのは
蜜を吸っているからだと教えられた

でも僕にはどう見ても
探し物をしているとしか思えない

人も同じですね

もっと目立ちたい
もっと人を魅了したいと
自分を輝かせてくれる光を求めて
人と人の間を行ったり来たりしている

本当は自分を輝かせる光ではなく
誰かを輝かせる光を持っていると言うのに

本当は誰かを輝かせる事で
自分が輝かやくと言うのに。

人を輝かせる
人を照らす

その光こそが
この世で最も賢く美しく
多くの人を魅了し
多くの人を照らす光だと言うのに
自分を輝かせる光ばかりを探し回って
花から花へ、人から人へと飛んでいる

もったいない…

ブランディングは
自分を輝かせる光を求める人にではなく、誰かを輝かせようとする人にしか通用しないと
僕は心底強烈真剣に思っています

それがこれまでの僕の学びであり
僕が進めるブランディングです

関連記事

  1. 僕たちの過ち

  2. ボクらはむかし子どもだった

  3. Snow Crown

  4. たかがケーキか、されどケーキか

  5. 吉祥寺のホブディラン

  6. ヒルズ族と農村の若者

  7. お金になるか、ならないか

  8. 四年後の今を生きる。

最近の記事

  1. 2018.11.26

    愛が震える
  2. 2018.08.24

    旅の最終章
  3. 2018.08.24

    写真先輩論
  4. 2018.08.22

    僕らの誇り
PAGE TOP