二人がむつまじく暮らすためには

二人がむつまじく暮らすためには

愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい

立派すぎることは
長持ちしないことだと
気付いているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
嘘ぶいているほうがいい

二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり
ゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があっていい

そして

なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかっていればいい

( 「祝婚歌」より)

関連記事

  1. 写真先輩論

  2. 子ども達はいつだって 僕らを見ている。

  3. 優しい風景のタネ

  4. 母の子守唄

  5. ここに来なければ与えてもらえない奇跡

  6. 飾る写真

  7. たかが蟻だよ

  8. ソーダ水の向こうに広がる蜃気楼「夏」

最近の記事

  1. 2018.08.24

    旅の最終章
  2. 2018.08.24

    写真先輩論
  3. 2018.08.22

    僕らの誇り
PAGE TOP