僕たちの過ち

【僕たちの過ち】

北海道新幹線が開通した陰で
八つの過疎の駅が
長い歴史に幕を閉じた

開拓民が荒れた大地に
鍬とツルハシを振り下ろしたあの過酷な物語は
いとも容易く
そして容赦なく
時代から終わりを告げられた

こうして時代は
いつだって歴史を手で振り払い
便利さだけを追い求めてゆく

「便利」

それは「手を抜く」という事
「さぼる」という事
手を抜いてさぼる事にお金を払う

その矛盾に
誰も気がつかない時代になってしまった

八つの過疎地で痛みを背負う人がいる
流したたくさんの汗が
時代の片隅で乾いて蒸発してゆく

そうやって僕らは
長い時間をかけて積み重ねてゆく事よりも
結果だけを求めながら
必死に手を抜いて生きている

北海道駒ヶ岳
標高1,131 mの活火山にて

関連記事

  1. BODYcopy

  2. ボクらはむかし子どもだった

  3. お金になるか、ならないか

  4. たかがケーキか、されどケーキか

  5. どうやら人生はドラマらしい。

  6. 少し止まる時間

  7. 自分の色に染まる。

  8. 吉祥寺のホブディラン

最近の記事

  1. 2018.08.24

    旅の最終章
  2. 2018.08.24

    写真先輩論
  3. 2018.08.22

    僕らの誇り
PAGE TOP