僕らの誇り

遡上した鮭が
知床斜里町の遠音別川の一面を
銀色に埋め尽くしている頃

世界中にいる30万人もの
武装した子ども兵士が
瓦礫の上で銃の引き金を引いている頃

大量のイワシが50キロにわたって
海岸に次々と打ち上げられている頃

帰る家を奪われた人々が
放射能に怯えながら
身を寄せ合って冬を越えようとしている頃

僕らは気にもとめず
今日もどこかで
携帯電話を見つめている

一つ一つの出来事に
想い憂いでいた
あの頃の僕らの誇りは
一体どこに置き忘れてきてしまったのだろう

(「僕らの誇り。」より)

関連記事

  1. 今が思い出になってしまうから。

  2. ソーダ水の向こうに広がる蜃気楼「夏」

  3. そろそろ僕のお終い(おしまい)の時だ

  4. 愛が震える

  5. ここに来なければ与えてもらえない奇跡

  6. コールタールの電灯

  7. たかが蟻だよ

  8. 飾る写真

最近の記事

  1. 2018.11.26

    愛が震える
  2. 2018.08.24

    旅の最終章
  3. 2018.08.24

    写真先輩論
  4. 2018.08.22

    僕らの誇り
PAGE TOP