吉祥寺のホブディラン

吉祥寺のボブディラン

決して上手とは言えないけれど
彼が歌う姿を見ていると
『個が放つ世界観』の
意味と価値をつくづく考えさせられる

自らの世界を作るには
顕在意識に付着した
常識や観念と言ったゴミを
どこまで振り払い
どこまで自らの世界を
自らで確信するかであって
そこに第三者の肯定は必要ない

僕はそう信じて
この仕事をしている

吉祥寺のボブディラン
久しぶりに彼に会いたいと思った

関連記事

  1. 僕たちの過ち

  2. お金になるか、ならないか

  3. どうやら人生はドラマらしい。

  4. ヒルズ族と農村の若者

  5. ボクらはむかし子どもだった

  6. 自分の色に染まる。

  7. BODYcopy

  8. 樹は根によって立つ。 されど根は人の目に触れず。

最近の記事

  1. 2018.11.26

    愛が震える
  2. 2018.08.24

    旅の最終章
  3. 2018.08.24

    写真先輩論
  4. 2018.08.22

    僕らの誇り
PAGE TOP