子ども達はいつだって 僕らを見ている。

子ども達はいつだって
僕らを見ている

彼らの「故郷 」と「未来」が
僕らである限り

子ども達はいつだって
僕らを見ている。

関連記事

  1. そろそろ僕のお終い(おしまい)の時だ

  2. コールタールの電灯

  3. 優しい風景のタネ

  4. 写真先輩論

  5. ここに来なければ与えてもらえない奇跡

  6. 母の子守唄

  7. 飾る写真

  8. たかが蟻だよ

最近の記事

  1. 2018.08.24

    旅の最終章
  2. 2018.08.24

    写真先輩論
  3. 2018.08.22

    僕らの誇り
PAGE TOP