コールタールの電灯

どこまでも長く
深く
それは
とても大きな夜でした

闇の召使い共は
黒炭のジュウタンを
所狭しと敷き詰め

音は
静かに

しかし
鋭く尖っていました。

「モシモシ、ドウナサレマシタ?」

顔色が冴えないコールタールの電灯が
長い影で覆われた私しの疲れた顔を
深く覗き込むように
そして優しすぎる程に
スーッと
声を投げかけてきました

「オ母サンハドコニイマスカ」
「ハテハテ、可笑シナコトヲ聞クカタダ。
アナタノオ母上ノコトナド、知ルヨシモナイ」

笑う電灯の回りを
一羽の蛾が八の字を描きながら
光の残像をせっせと追いかけています

闇の召使いは相変わらず
黒炭のジュウタンを
どこまでも
どこまでも
敷き詰めていました

関連記事

  1. 子ども達はいつだって 僕らを見ている。

  2. ソーダ水の向こうに広がる蜃気楼「夏」

  3. 愛が震える

  4. 優しい風景のタネ

  5. 二人がむつまじく暮らすためには

  6. ここに来なければ与えてもらえない奇跡

  7. 今が思い出になってしまうから。

  8. 僕らの誇り

最近の記事

  1. 2018.11.26

    愛が震える
  2. 2018.08.24

    旅の最終章
  3. 2018.08.24

    写真先輩論
  4. 2018.08.22

    僕らの誇り
PAGE TOP