基礎編(3) ベーシックDesignとは

CIの1つを構成しているVI(イメージの統一)の基礎作業(始めの一歩)が、ベーシックデザイン開発です。
シンボルやロゴ、キーカラー、世界観、コピー、キャッチなどのツールを制作するためには、理念に基づいている事が大前提ですので、理念をイメージ化するための基礎作業を飛ばして直ぐにツール制作に進むことはあり得ないのです(あってはならないのです)。

* 企業理念(ビジョン・ミッション・バリュー)
* ブランドステートメント(企業の理念や思想の文言・コピー)* ネーミング(社名やブランド名 : 競合企業・競合ブランドと明確に差別化するための名称)
* シンボルマーク(視覚的コミュニケーションの基本。マーク、シンボル、ロゴタイプ)
* 正式社名ロゴ(正式和文社名と正式英文社名のロゴタイポ)
* 指定書体(広告やマニュアルなどで使用する書体の規定)
* ブランドカラー(企業を象徴するカラー)
* サブグラフィック・エレメント(コーポレート・シンボルを補完する図形)
* トレードキャラクター(企業イメージをサポートするためのキャラクター)
* ロゴガイドライン(使用規定など)

これらが完成した上で、ようやくツール制作に着手できるのです。

関連記事

  1. 基礎編(2) CIがなぜ最重要か

  2. 初めての方へ

  3. 基礎編 (1) CIとは

  4. 基礎編(4) アプリケーションDesign

  5. 基礎編(5) CIマニュアルBOOKの作成

  6. CIとブランディングの違い

PAGE TOP