基礎編(5) CIマニュアルBOOKの作成

MI(理念)を基礎にベーシックDesignから開発したアプリケーションDesignは、 CI マニュアルBOOKとしてガイドライン化し使用方法を厳しく管理します。

社内や関係会社がPR活動等でシンボルマークやロゴを使用する際は、イメージの統一(VI)を図るためCI マニュアルブックで予め定めた使用規定に従って忠実に再現することが必要です。何故ならば所変わる度に仕様がバラバラではCIが総崩れしてしまうからです。また掲げた理念やビジョンを効率良く認知・浸透させ、最終的に企業の共感や信頼が育つようにするためです。

CIマニュアルブックは、ベーシックデザインやアプリケーションデザインの仕様、色、形状、場所、サイズ、使用する場等がきめ細かに規定されており、それはつまり遠く離れた支店(全営業所、全支店、全店舗)も本社同様に統一させるためであり、その結果イメージの統一が図られるのです。

関連記事

  1. 基礎編(3) ベーシックDesignとは

  2. 初めての方へ

  3. 基礎編 (1) CIとは

  4. CIとブランディングの違い

  5. 基礎編(2) CIがなぜ最重要か

  6. 基礎編(4) アプリケーションDesign

PAGE TOP