(よくある勘違い) 質が良くても売れない、価格が安くても売れない

質が良くても売れない、価格が安くても売れないだから過剰なサービス、定価購入者を無視したセール、アンチファンを生み出すチラシ合戦、キャパシティを超えた投資などに経営者は挑み続けます。
まさに負のループです。
これらの多くは「商品は何か」を勘違いしているところから起こっています。

あなたが売る商品は何ですか?

今こそ少し止まり(「歩く」と書きます)ブランドとは何か、ingとは何かを考える時ではないですか?

関連記事

  1. (よくある勘違い) コンサルでもコーチでもない

  2. (よくある勘違い) チラシでアンチファンを作る

PAGE TOP